前へ
次へ

不動産売却の仲介と買取それぞれの違い

不動産売却は、不動産会社による「仲介」か「買取」を行います。不動産の状態や売り出し方によって適した不動産売却の方法はわかれます。仲介とは売主と買主の間に立ち、売買契約を成立させる役割を持っています。不動産売却の仲介であり、買取はそもそも行いません。不動産売却を依頼すると少しでも高く買ってくれる買い手を見つけることになります。時間をかけて少しでも高く不動産売却したいなら、仲介をおすすめします。不動産売却を急いでいないなら会社も余裕を持って活動できます。また、希少価値の高い不動産は、高い価格でも購入したい希望者が集まりやすいものです。買取による不動産売却は、不動産会社が直接買取をします。そもそも仲介しないので仲介手数料が発生しません。仲介手数料は上限額が決められており、不動産会社が設定できます。安い場合もあれば高い場合もあります。しかし、買取の場合は手数料が一切不要となります。買主を見つける必要なく、不動産を買い取って不動産売却は完了します。

Page Top